こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが…

2011/02/10

僕は常日頃岩手が気になっている、ピュアな岩手県出身者なので、東京に居ながらも農業をとても身近に感じている一人です。
農業を元気に!とか漁業を元気に!とか聞きますよね…。
でも実際は、「あんな出来あいの言葉どーでもいいわ…変わらないよ生活は」というのを聞いたりします。

はっきり言って、長年体を酷使して国民のために食べ物を生み出すために働いている、前線で働く人はとても、とても大変です。はっきり言ってかなりリアルに命削っています。

「後継者不足」の話ももちろん聞きますが、「初期投資がかかりすぎる」という事。
トラクターならあのメーカー、漁船ならあのメーカー…

ここでちょっと話変わって、僕らのようなIT企業の場合。
システムやホームページの画像など全てがのっかるサーバー。
コストの見直しが入った場合、
自社で持つか、バックボーン(つながりやすさ)を優先するかなどによって
より戦略的に、使うサービスを選択する事が出来る訳です。

しかしながら、農業や漁業などはこういった選択肢が
それほどありません。
日本の業者ではなくアジアなど格安生産国に機械提供を
依存する方向に流れる構造。
どうなんでしょ。
ま、そもそも国内企業を守らない構造がおかしいとも言えるのですが。

日本のどっかのベンチャーが
海外の技術力を使って激安機械を提供し始めるのは時間の問題。

なんだかこういった流れがとても悲しいですね。
必然なだけに。

いずれにせよ、僕ら情報扱い屋が役に立つタイミングですよね。
そして、ついつい売れ線にばかり走るIT業界に対して
意味と経営を両立させて考える手腕が問われるのかな。
そう感じます。

情報と情報をくっつける役割として
役に立たなければなりません…
日本の為に。

それと、こう言うと怒られそうですが、
がっかりするような政策ではそう、簡単に「現場」は変わりませんよ…。
頑張ってください。

タグ:

Leave a Comment