必要なのは最初から経済復興

2012/03/11

ついに今日

あの東日本大震災からまる1年。

親族の多くも被災し、

身近で亡くなった人もいる。

本当に現実かどうかわからないような衝撃的なことだった。

その日から1年。

本当に経済復興が進まない1年。

父もがれきの撤去の手伝いをしに海側に行く事もあると言っていた。

でも現状はなかなか進まず、しまいには放射能の問題まである。

また、民間における経済的支援・努力あるも大きな壁にぶちあたる。

いくら民間が努力しても越えようのない「壁」に。

それは法律。

時に誰の目にも明らかなくらい優先順位が変わることがある。

すこしくらい踏み外したって、

目の前で苦しんでいる人たちを助けられるならやってしまおう

そのくらいの覚悟あるリーダーシップを批判するほど

日本国民の民度は低くない。

同時にその踏み外しを修正できないほど

日本国民はカタブツじゃない。

ここからは本当に実のある経済復興をして欲しいと切に願う。

ある大臣が言っていた。

「今年こそ復興元年にしたい」

言葉ともかく、

被災者にとっての元年は

もう12カ月も過ぎているのだ。

Leave a Comment