そのSNSにかける時間…よくお考えあれ

2012/02/12

mixi、twitter、Tumblr、facebook、Instagram、foursquare、LinkedIn…世には人と人がつながるSNSサービスがあります。今後もあんなもの~こんなもの~と出てくることでしょう。

今、SNSにハマっている人もいっぱいいますが(一般化して増えてもいる)、そこにかける時間で癒されたり楽しかったりしてもそれによって幸福な人生になるんだろうか。結局は人それぞれ将来に何を期待して何を選択するかなんだよなぁと思ったりします。

同時に、サービス提供側の目線でいくと、世の中に長く残り多くのひとに役立つサービスは、コンセプトが本当に大切なのだと思い知らされます。つくづく…本当につくづく…学び、自分に素直でいられるよう努力しないといかんですなぁ。。

僕自身は死ぬまでのあと40年ほどの時間、ことアクティブでいられるもう10年ほどを、ビジネス創出し、勉強し、クリエイティブし、趣味や遊びに精を出し、カラダ作りもし、書物も読みたい。もちろん有意義な人ともいっぱい出会いたいし、一定の財産も生み出すべきかもしれない。

ここまで欲張り?になると、今、ただ人の情報を横流しに発信したり共有したり、自分日々のアピールをワイワイやる以前に、色々な事を考えてチャレンジできるこの若いうちに誰よりも誰よりも誰よりも早く「日本社会、世界社会の中で自分らしさと、ポジション」を確立せねば、「後続」との距離感からして10年もしないうちにこの人生では届かなくなる…と考え、焦ったりします。これはきっと誰よりも未熟で足りないことを恨めしく思っているからなんでしょうね。

でもSNSの仕組みでもって人と人を繋げた方がいいグラフ・情報共有の範囲は僕らの生活の中にはあります。それは気心が知れ、人間関係上のパワーバランスやリアル社会への影響が少ない人たち同士の小さなセルでできたシンプルなネットワーク。
この必要を満たすなくてはならない・実用的な情報チャネルとして「Path(パス)」というサービスのコンセプト・SNS機能はよさげです。

主な用途は情報収集ではなく家族・親族間の安否確認やコミュニケーションです。
私の親・他親族も先の東日本大震災で多大な被害をこうむったことが導入を後押ししました。
要はとても身近な人同士が見たり参加したりするといった小さく閉ざされた使い方を想定したサービスですね。

主要なSNSをその情報共有範囲から簡単に例えれば、twitterが社会なら、facebookは学校のサークル、LinkedInは異業種交流会ですね。そして、Pathは年末年始の親族の集まり、と言えるでしょう。

Pathは使い勝手や目的がとってもシンプルに実現されているので、僕は家族間コミュニケーションのベースとして防災対策の一環としてPathの活用を始めました。

こういった人間活動の「基」をインフラ化して再定義するようなサービスはとても素敵です!(はぁ、10年以上前によく作っていた画像アップユーザー制限BBSのcgiを思い出す)
ただ、もっと「あってよかったなぁ」というものにならなければ、最終的には飽きや様々なトラブル、ストレスから離れてゆくことになるでしょう。

以下確認済みのPathルールがあるので一応備忘録まで。
(今後色々と改善・改良が進むでしょうが一応)

-----

【情報の共有範囲】
・「友だちを追加」した場合、「友だち」は、追加する側の投稿内容を見ることができる
(ただ「友だちを追加」アクションは取り消せないため、事前にやろーねーと話を合わせておかないと
相手は自分の投稿は見られるが、相手の投稿はこちらから見られないという事が延々と続く事になってしまう)

・「友達」との共有を解除する場合(編集ボタンからマイナスマークをタップすると「共有しない」ボタンが端に現れる)、
共有を解除された側は「最近更新ないなぁ~」という状況になり、
相手に共有解除される以前のエントリーが残る。
ただ、友達として復活すると「削除された日」から今日までのデータが相手のホームに反映される。
(共有解除されたと知らず)友達のPathを見ようとすると、「返答待ち…」となる。

・共有解除をした側には、仮に共有解除したとしても
「友達画面(右側)」には残り続ける。
しかし共有解除された側がちゃんと?共有解除すると「友達画面(右側)」には残らない。

-----

閉ざされたSNSというと、YammerやChatterを思い浮かべますが、
もっとパーソナルなところでこういった使いやすいSNSがでてくるのはいいですね。

ダイレクトメッセージ機能や、PCでも閲覧くらいはできるようであればとても助かるんですけどね。
あとiPad用アプリも。

まずみなさんも是非一度ご利用してみてくださいな。

Leave a Comment