IOデータの内臓地デジチューナーGV-MC7/VSで予約録画が出来ない

2011/07/12

11.07.18 追記
再発してから未だ解決せず。
そのため、最終手段として予約録画したいチャンネルを流しっぱなしにしておけば設定時間と共に始めてくれるという“死ぬほど面倒な”予約録画方法をとる事にしました(他チャンネルにしていると録画できません)。
またWMCを起動し
「最小化せずに」放置。ちなみに最小化しているとなぜか予約録画が効きません。

Windows Media Centerの音量は、システムの主音量も変化させてしまうような「王様仕様」の為、音量>ミキサー、にてミュート化。

実質予約が機能していなくて笑ってしまいます…。
しかしまぁ、Windows Media CenterとIO DATA . GV-MC7/VSの組み合わせでこうなっている人はいないんだろうか…情報がほぼ無くて、僕が致命的な何かを忘れているんじゃないかと思うほどです。

解決策はよ!
解決策ご存知の方からのコメントもおまちしてます!
(問題のコア抽出だけでもできたら買い換えようかな…、まぁテレビ無きゃなくてもいいかなって思うようになってき始めたけれども…)。

-

11.07.16 追記
このエントリー記載後、問題再発してしまった為あらためて検証継続します。IOデータの技術に確認をとると、やはり通常Windows Media Centerが走っていない状況でもehsched.exe(Windows Media Centerのスケジューラサービス)は走っていないといけないとのこと。Windows7 64bit自体にかかったUpdateがとても怪しく感じています…
それと新たな事実が。Windows Media Centerを立ち上げておくとehsched.exeは走るのですが、この状態で放置しておいても数分を超えた先の予約録画は出来なくなりました。つまりehsched.exeは時限式になってしまっていて、タスクマネージャーに表示され動いているようでも実質機能していないことが判明。

ううむ…

Microsoftの対応待ちなのか…正直フットワークが軽いとは思えず、、、、さてどうしたものか…
仕事の合間を見つけて問題解決へむけ頑張ってみます。
(これだけ情報がないと困っている方も多いかと思いますゆえ)

-

一昔前はテレビなんてサッカー日本代表の時くらいしか(他人の家で)見なかったのに、自宅PCに地デジチューナーを入れてしまってからというもの、サッカーのみならず、ヒューマンドキュメンタリーや国会放送まで見るようになってしまいました…

見るモノが増えれば当然録画という手段も有効になってくる。
と言うわけで、予約録画は結構頻繁に使うようになったのですが…

実はつい1ヵ月程前から予約録画が出来なくなってしまっていたんですね。
(しまっていた、という時点で依存度も重要度も未だ低いのですが…笑)
来月には日本代表vs韓国の録画の必要があることと、そもそもここ最近PCの調子が良くなかった事もあって、重い腰を上げまるっと原因究明に乗り出したのですが…こいつがまた大変でした…。(PCの問題自体もまぁヘビーでしたが…)

Windows Media Playerと地デジに関連した情報が想像以上に少ない事と、Microsoftのトラブルシューティングは役立たない事が多い(ように感じる)ので、「Windows Media Center でテレビ番組が録画されなかった場合の原因(by Microsoft)」でどうも解決しないときは是非ご参考に。

-

さて僕のチューナーですが、IO DATAの出している「GV-MC7/VS」という地デジ・CS・BSがいける3波対応のものでWindows Media Center(以下、WMC)を閲覧クライアントとしたものです。

おなじみの探索癖から、みっちり調べてみるとタスク(管理ツール)でもサービス(管理ツール)でも問題は解決しないことが判明。
原因は録画の予約状況を監視しているehSched.exe(WMC用のスケジューラサービス)が常に走っていないのが問題でした。しかも通常は走っているはずのehSched.exeが走っていない状態では大抵WMC本体(ehshell.exe)を起動したときにのみehSched.exeが立ち上がるため、WMCを立ち上げて地デジを見ている時でないと予約録画が作動しない、というなんとも微妙な状態に陥ってしまいます。

まずは早速改善までの手順をば
ちなみに手前のPCはDELL XPS8100、OSはWindows7 64bit pro、ST2210 21.5インチワイドTFT液晶2枚を、Geforce GTX 260にて運用)。

-

① IO DATAのCDから入れたモノを全て削除(サポートソフト1.06か1.07)
---------
・DiXiM Media Server3 for Media CenterTV(動画配信サーバーですが、特殊な配信先が必要な上に、そもそもそういうものは無い為削除)
・Corel DDR Move(DVDやブルーレイに焼くことは考えていない為削除…おそらく入れたままでも挙動に問題はないと思われます)
・ioMediaCenter(IO DATAチューナーの為のコアプログラムですが、削除)

その後、PC再起動

・Program Files より「IO DATAフォルダ」ごと削除(色々ゴミが残っているのでなくしちゃいます)
・Program Files (x86) より「Corelフォルダ」ごと削除(中身が空の場合のみ!)

② WMCで著作権保護されたコンテンツを再生するために走っているPlayReadyを削除(後から再度入れますからご安心を)
---------
プログラムと機能 > playready pc runtime amd64 と、playready pc runtime x86(①で削除したCorel DDR Move用) の両方を削除。片方しか無くてもそれを削除。

その後、PC再起動

-

③ バッティングソフトを特定し起動しないようにする
---------
僕の場合、バッティングしていたのは、iPhoneやiPadから自宅の動画サーバーにアクセスる為のPCクライアントであるAir Video Serverでした。スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」で名前に「msconfig」と入れシステム構成を表示させ、サービスタブから、Air Video Serverのチェックを外しOK。

※ちなみにこれは僕の環境での話で、人によって問題のあるプログラムは異なるようです。
IO DATAのサポートが言っていたのですが、予約録画ができない場合は、WMCとioMediaCenter(①参照)と他のなんらかなプログラムがバッティングしている可能性があるとのこと。そのため、まずはこのシステム構成の中のスタートアップタブの中身を“すべて無効にする”にした後で、ioMediaCenterのみチェックをして挙動を確認。それで上手く予約録画できたなら、他のスタートアップ項目一つ一つ有効にしてはPC再起動させ、WMCで予約録画が出来るかチェックしなければいけないです。スタートアップ項目は無効にしてもシステムの稼働になんら影響は無い為、思い切って行ってOKです。ただいかんせん時間のかかる作業になるので、予約録画が出来なくなったタイミングから「当時いれたりアップデートしたソフト」が思い当たればそれが相当怪しいのでこういったものからチェックを入れて確認するのが速度的にも精度的にもベストかと思います。

また、スタートアップの中に問題のものが見つからない場合は、サービスタブから、怪しいサービス(アプリケーション等)を停止させてゆく事になります(設定後はつど、要PC再起動)。ただ、サービスをいじる場合は、システム稼働に影響するのものを避けるのが絶対必要です。くれぐれもいきなり「すべて無効」ボタンを押す事がないように。ウィンドウ下の「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れ、自分で後から入れたサービス以外のものを間違って消さないようにしましょう。


その後、PC再起動

-

④ PlayReadyを再度インストール
---------
WMCを立ち上げ、タスク>設定>テレビ>テレビ信号、から「PlayReadyを更新」をクリックし、WMC経由でPlayReadyをPCにインストール。「PlayReadyを更新」ボタンはシステムにPlayReadyが無い状態で表示されますので、表示されない場合は②をしっかり確認しましょう。
ちなみにこれによってインストールされるのは「playready pc runtime amd64」です。

-

⑤ モニタのスリープを入れているなら切る
---------
ST2210 21.5インチワイドTFT液晶(背面が白)の場合モニタースリープを切り、ブランクにしたスクリーンセーバーなどで対応。

-

以上で無事予約録画が単発・シリーズ録画ともにOKでした。
ここで気付いた方もいらっしゃるかと思いますが、「IO DATAのドライバは入れない」です。
ドライバの問題は恐らくWindows Updateとの競合でしょうが、依存するものが少なければ少ないだけ良いのがPCですから良しとしました。
番組閲覧、番組表閲覧、過去番組閲覧、単発録画、単発予約録画、シリーズ予約録画どれも問題ありませんでした。
(ムーブはしない方向で。。)

どうもドライバを入れるとうAir Videoが入っていようが入っていまいが上手くいかないんですね。
バッティングの恐怖というやつでしょうか。
より詳細にやれば、このAir Videoがぶつかるのは他のプログラムである可能性もあるのでしょうが、今回はこの辺で。

それと、以上の方法でも改善しない場合は
ユーザーを新しく作って環境を新たにして問題点を探ってゆくのが良いと思います(IO DATAサポートも同様の事を言っていました)。
それでもダメな場合はOSからのクリーンインストール?という最終手段もありますが、
録画資産の削除はシンドイですね。。

これはなんとか避ける方向で
また、問題が発生したり、よりよい問題解決の組み合わせを発見したら
またこの記事に追記してゆきます。
備忘録まで。

しかし、どうも、Windows Updateによって更新された何かが原因のような気がしてならない…

コンピュータでのテレビ録画に関する問題のトラブルシューティング

Leave a Comment