「iPhone版FF」リリース!ところで軸は?

2010/02/25

ついにiPhoneにてファイナルファンタジー(1・2)がリリースされました。“儲からない化”が加速しているゲームカテゴリーのビジネスとして大物が動き始めました。

ちなみにこんなエントリーを書いている僕はゲームが苦手です…涙。

でも76世代ってやつのはしくれなので、筋肉マン消しゴム、ガンダム消しゴム、ビックリマン、ミニ四駆、ラジコンときて、やはり「ファミコン」ってのが記憶としては強い訳です。正直いま流行りのリッチゲーム(3DCGごりごりで、ボタン数も相当あるようなもの)はもはや天竺をのぞいているようですが、十字キーと2つのボタンで燃えた時代のフィードバックはやはり強烈です。

今回のリリースについて思ったのは、デバイスの能力に対応させたソフトラインナップという考え方も無しではないですが、展開軸として世代というセグメントを意識した思考にもとづいた我らが「ファイナルファンタジー」のリリースであってほしいという部分です。

デバイスの能力に依存した開発や、コストパーを考えた開発は、必ず衰退します。
これはセグメントのしっかりとれたターゲット開拓が出来ないことを意味する為です。

軸、大切に。

しかしそれを考えるとWiiの思想は秀逸です。
我が妻子らの健康維持デバイスと化し、そして完全に世代を超えています…

「直感的」
人の進化はこの一点をどうとらえるかで変わってくるように思います。

タグ: , , , , , , , ,

Leave a Comment