中国を刺激する前に…

2012/08/23

最近よく尖閣諸島関連のニュースを目にします。

国会議員が上陸したと聞いてかなり驚いたりしました。中国なくして日本が成り立つと考えているのか、手持ちのカードがワイルドカードだというのか、と。

まずは継続的に国益につながる具体的な方法を示したうえで行動しないと、相手と大して変わらないことになってしまうし、支持も得られない。

日本国内にいても国外にいてもやはり中国の台頭とその経済的な影響力は相当なものだと感じます。ただ気に入らないからやり返したととられる行動ではデメリットを受ける人・企業が多くなってしまいます。

示威は使いよう…

「国は国益のために、国民は自分の家計のために」

これは当然な話ですが、

この二者間で器用にかじ取りができるような対応を期待せずにはいられません。

(私たちがまだまだそこに切り込めないからこそですが…)

Leave a Comment