お客さんの声を…あえて聞かない

2012/04/27

20120427-125202.jpg

昨夜WBSを見ていたら、
お客さんの声をたくさん聞いてサービス作ってますと言うネット企業や、
小売企業などを取り上げていた。そこで思う事があった。

ちょっと話はそれるが今お取引をさせていただいている企業に
「ユニーク、イノベーション」を理念に掲げているところがある。

実行は容易ではなかろうとも
とても素晴らしい目線だなと思う。

周りの経営者達を見ていて思うのだが、こういった事を確実に実行につなげるのは事業の成功にとても重要で、
少なくとも目先重視の思考や発想ではコこういったンセプトすら打ち出せないのだろうと感じる。

で、また話は戻るが、お客さんの声に耳を傾けすぎるのは
自分たちの持っている競合他社に負けない絶対的な強みを結果的に著しく損なうと考えている。
これはつまりユニークさや、革新的なサービスを提供できずに、
いずれ周りに埋れてゆく運命が待っているということであり、
消費者にとって「別に魅力なんてなにもない」と感じさせるきっかけを与えてしまう事に他ならない。

消費者には溢れんばかりの選択肢が常に刷新されながら提供されているのだから
ある意味で「他人事」になってしまうのも当然といえば当然だ。

このあたりをよく理解していないと、
ボタンを掛け違えたことに気づくまで長い時間を用してしまう。

このボタンのかけ違いを起こさない為には消費者が口に出すことすら気づいていない
もっと根本的な「要望」を知り、提案をぶつけ続けなければならない。

当然これにはかなり思い切った意思決定が必要になるし、
なによりサービス全体を掌握しているマネジメントレイヤーの腕の見せ所という事にもなる。

今、だいぶ前から力を入れ続けている
弊社独自のネットサービスが
産声をあげるべく確実に歩みを進めている。
これによって上場とはいかないだろうが
やり方次第ではかなり事業規模を拡大出来ると見込んでいる。

ユーザーの声を聞かずに、
ユーザーが言わぬ声を具現化する。

有言実行で上の内容を改めて証明してみたい。

やったります。
(また使っちゃいました、S本社長、笑)

Leave a Comment