クール家、ウォーム家だった!

2009/12/12

CoolbizとWarmbizふと気付いたのですが、実は我が家はクールビズならぬ、クール家。ウォームビズならぬウォーム家だったことに気付きました。
いままであまりにも普通に暮らしていたので、正直意識が薄かったです。

エコ、エコ、簡単に言う人に限って自分たちの生活にだけは妥協が甘く、衣食住すべてにおいて、案外リッチにエネルギー使いまくっている生活してんのねぇと感じたところから、自分たちの生活が案外地球にやさしかったのねと感じた次第です。

- – -

我が家4人家族は、夏は、エアコンはつけません。猛暑の時は扇風機+水桶を室内でかましていました。寝苦しい時は冷え冷えジェルを冷蔵庫で冷やして一人一つ。ついでにPCもジェルで冷やさないとオーバーヒートしてしまうためここにも一つ。トライアスロンでオーバーヒートした体だは冷水をためたお風呂にタポンと入ると15分ほどで相当クールです。サーフィンはそういう意味で合理的でした。

あれこれやっているうちに、何もしなくてもちょうどいい季節秋が到来します。
数か月は重ね着枚数+運動でおおむね快適生活です。
ファッションが楽しい季節です。でも徐々に加湿が必要になってきます。

冬になってくると、パンツ(ズボン)も3枚重ね履き、靴下も3枚、上半身はそれこそ5~7枚の重ね着です(スノーボーダーも大好きUNIQLOヒートテックは必須です)寝る時も布団にはいりつつシュラフに入っている感じです。これら羽毛のやつもあるので短時間で死ぬほど熱くなります。熱すぎて起きることも…TT、寝る時間と、夜の温度、朝へ向かう外気の温度変化を制圧する必要があり、調整が難しいのです。
ただ、バイクを漕ぎまくっていると汗だくになるため、これも運動をとりいれることで平均的にはホットになれます。

春は、徐々に薄着になりますが、寒暖の変化が激しい季節になります。梅雨もあるので、ポリエステル100%もののアウターを巻き巻き小さくして持ち歩きます。下手に使うと汗だくになったうえに数秒で瞬間冷却してしまっておなかなどを壊しやすくなるためおそらくしばらくの経験が必要でしょう。

ま、そんな感じで気づけば、電気代も月5000円行くことはまずありえません。
月3000円でも、結構使ったけどねぇってな程度で、別段驚かなかったのですが、実はすごいことのようです。電力の内訳はPC系が多いかもですが。

- – -

クール家、ウォーム家、これ流行らせません?
環境省さんw。

タグ: , ,

Leave a Comment