クラウド化ってなんぞや?

2010/02/23

クラウドってのは雲昨今「クラウド化」「クラウド向け~」「クラウド的な~」という文字を見かける事が増えてきました。

この大半がさし示すものは、「その情報をどこからでも見られる雲(Cloud)として保管し、どこからでも(どんな機器からでも)見て使えて~が出来るようにしましょう」ということです。

実際僕の仕事においても、この「クラウド化」というのは仕事から無駄を省くため非常に重要です。

・仕事中に作成したマインドマップを社員・部下と同期し、iPhoneや携帯でも見られるように共通保管場所へ即時にアップロード。

・サーフィンをしている最中にひらめいたアイディアを防水仕様のiPhoneで録音、同時に自分だけの共通保管場所へアップロードし車中のノートパソコンで再生しながら、スカイプで意思を共にする者と議論する。

(絵画やオブジェ作成においてはクラウド化出来ていませんが…笑)

こういったように、ある機器、ある場所でしかできなかった事が、どんな機器ででも、どんな場所ででも出来るようになるという事がさす生産性の向上はすさまじい程の成果と推進力を生みだします。

「クラウド」

という単語自体は流行りのものですが、おそらくこの先「いつでもどこでも、なにででも」とうのは言うまでもなく当たり前のものになってくることでしょう。

GoogleやAppleも、クラウド化を進める上で必要な情報保管庫(僕らのデータセンター)をバシバシ建設中です。業界がそこへ向いている事実がある以上、どんなものででも、だれでも、いつでも情報を使う事が出来るようになる未来は必然です。

ただ、それをどう活用するかは僕ら次第なのです。

タグ: , ,

Leave a Comment