美しい…

2009/05/28

こりゃ美しいバランスを持った絵だなしかし…ある時ふとデスクの脇に、僕の心をわしづかみにするような美しい一枚の水彩画が置いてありました。

感情的で思わせぶりで投げやりで、でもひっそりたたずむ品の良さを隠し持っている。。。それでいながら本能的。この恐怖と強さ。
人が人である意味をうっすら感じた一枚でした。

人によると思いますが、僕は「美しい」という価値観はリアルタイムに変化するものと考えています。普遍で永遠の「美しい」ものなんてものはないと思っています。

・今美しいと感じるもの、感じるポイント
・明日美しいと感じるもの、感じるポイント
・来年美しいと感じるもの、感じるポイント
・死に間際で美しいと感じるもの、感じるポイント

・遊んでいるときに美しいと感じるもの、感じるポイント
・愛情に包まれた情熱的な暗闇で美しいと感じるもの、感じるポイント
・大人数の前で恥をかいたときに美しいと感じるもの、感じるポイント
・憎しみから銃を頭に突き付けられたときに美しいと感じるもの、感じるポイント
・食べ物も水すらもない土地で貧困にあえぐときに美しいと感じるもの、感じるポイント

人の美的感覚は皆違うから “美しい” が成り立つのかもしれない。
ということは、皆がそれを美しいと言ったら、それは本質的に美しいといえるのか…?
ま、難しい話はこの際おいておいて…

ちなみにこれはだれが描いたのでしょう。
ただ、間違いなくいえることがあります。

「あなたがその時間を切りだして生み出した絵が、僕を幸せにした」

本当にありがとう、と。

タグ: , , ,

Leave a Comment